女性と赤子

辛い乳児湿疹を予防改善する術を伝授|赤ちゃんを危機から救おう

外出が楽しくなる

女の人

赤ちゃんのお座りが安定してきたら、ベビーカーを購入する人が多くなっています。購入する前は、自分の住まいや周辺の環境を考えて購入することが大切です。赤ちゃんの乗り心地も、考えてあげることも大切になってきます。

もっと読む

安全な水をあげられる

ウォーターサーバー

昨今、赤ちゃんのためにウォーターサーバーを設置する家庭は多いです。ウォーターサーバーがあれば、体に優しい安全性の高い水がすぐに手に入ります。スイッチ1つで水、お湯などがすぐに出るので、とても重宝します。

もっと読む

必ず必要になるアイテム

ウーマンと乳児

チャイルドシートは新生児から体の成長に合わせて利用ができるアイテムが人気を集めています。また、子供がシートを汚してしまった場合に、簡単に洗えるタイプのものも需要が高いです。設置方法などをしっかりと行って、安全性の高いチャイルドシートを利用することをおすすめします。

もっと読む

適切なケアを行いましょう

赤ん坊

種類

多くの赤ちゃんに見られる乳児湿疹ですが、顔や手足にたくさんの湿疹が出来ると、お父さんやお母さんは心配になりますね。基本的には清潔に保ち保湿してあげることで、ほとんどの場合自然に治癒するものですが、やはり生まれたばかりの赤ちゃんに湿疹が出来てしまうと、早く治してあげたいと考えるものです。そこで、まず乳児湿疹の種類を把握しておきましょう。乳児湿疹には様々な種類があり、新生児にきび、乳児脂漏性湿疹、オムツかぶれ、あせも、アトピー、食物アレルギーによる湿疹などが挙げられます。もちろん、素人が判断できるものではありませんので、心配な時には必ず医療機関を受診しましょう。受診する医療機関は、小児科や皮膚科で診てもらうことが出来ます。赤ちゃんを危機から救いましょう。

対処方法

特に多い乳児湿疹は、新生児にきびや乳児脂漏性湿疹です。新生児にきびは生後一週間ごろから見られ、生後1・2か月で自然に治まっていきます。もちろん、ケアが必要で、赤ちゃん用のボディーソープなどで優しく洗い、ガーゼで拭うことで、余計な皮脂を落とすことが出来ます。次に、乳児脂漏性湿疹は生後4か月ごろまでに表れやすく、顔面や頭部に湿疹がみられます。新生児にきび同様に、刺激の少ないボディーソープでしっかりと洗顔し、お肌だけでなく、肌に触れるガーゼやシーツもこまめに清潔なものと交換してあげましょう。その他の湿疹についても基本的には患部を清潔に保ち、しっかりと保湿していくことが大切ですが、しっかりとケアしていても治らない場合には必ず医療機関を受診し、専門の医師の指示を仰ぎましょう。